過去公演記録

中之島春の文化祭参加作品

​ばぶれる人ら

ばぶれるりぐるが初めてお目見えした「中之島春の文化祭2018」。

3年前から温めていたネタをABCホールという最高の舞台でおろさせていただきました。​

『幡多弁コント』という未知のジャンルにも関わらず、お客様がとてもあたたかく受け入れて

くださったのが印象的な作品。

キャストさんは、ばぶれるりぐるならではのスペシャルな組み合わせ!

このメンバーで同年7月の旗揚げ公演に挑むことになります。

【あらすじ】

山の中のバス停。火葬場帰りの夫婦2組がバスを待っている。

​なかなか来ないバスに業を煮やし、携帯電話で迎えを呼ぼうと女房二人は電波を探しに行くことに。

一方その場に残った男たちは遠くに見える打ち捨てられた看板の女性がとても美しいことに気がつき、

そのうち「名前をつけよう」ということになる。

ほんの暇つぶしの遊びのつもりがどんどん肩入れしてしまい…。

あなたの心に何も残さないばぶれるりぐるの幡多弁コント第一弾!!

​(上演時間15分)

【日程/会場】2018年5月5日(土祝)13:00開演Dブロック ABCホール 

【脚本/演出】 竹田モモコ 

【出演】 泥谷将(Micro To Macro)、得田晃子、村角ダイチ(THE ROB CARLTON)、竹田モモコ

​旗揚げ公演

​ほたえる人ら

以前からやってみたかった、「幡多弁」の作品で旗揚げ公演をすることにしました。
「幡多弁」は、非常に豊かな言語です。
時制が複雑で、標準語の文法にない『現在完了・過去完了』を操ります。なので正確な標準語訳が

できません。
この事実を、中3のとき英語の先生から教えてもらい、ずっとひっかかってました。
幡多弁で物語を立ち上げてみたい。言葉の応酬を聞いてみたい。それができるのは自分しかいない。そう思いました。

今後とも『ばぶれるりぐる』よろしくお願いいたします。      

                                                                     【当日パンフレット主催挨拶より抜粋】
                               

【あらすじ】

 舞台は高知県幡多郡にある小さな村の区長場。 ここはいわゆる「限界集落」であり、過疎化が止まらない。 この村の区長場には「地域おこし協力隊」から派遣された新任区長の、『安藤さん』がつとめている。

ソーラーパネル化がすすんでいるこの村に何とか移住者を増やそうと奔走する、安藤さん。

しかし村社会を煮詰めたような青年団長やスローでロハスな妙齢の女、

ふし工場につとめる外国人や役所の犬が安藤さんの思惑を阻む。

どうするどうなる安藤さん!?

 盆踊りの前日にいい大人がほたえる。

前代未聞のマイナー方言『幡多弁』でばぶれるりぐるがお贈りする​安藤さんの長い1日。

(上演時間105分)

【日程/会場】2018年7月13日(金)~16日(月祝) 全6ステージ

      in→dependent theater1st 

【脚本】竹田モモコ 【演出】チャーハン・ラモーン

【出演】泥谷将(Micro To Macro)、得田晃子、村角ダイチ(THE ROB CARLTON)

    下村和寿(劇団赤鬼)、三谷恭子(売込隊ビーム)竹田モモコ(ばぶれるりぐる)

舞台写真 ©️horikawa takashi

​中之島春の文化祭参加作品

りぐる男

「全員が顔バレしている」「デートする場所がない」という結婚適齢期の男女を悩ませる田舎あるあるを描こうと思いました。幡多郡でも唯一海のない三原村のイメージです。

【あらすじ】

プロポーズする場所を探し、山の中をうろつくカップル。

たどり着いたのは向かいの山を望む、見晴らしのいい場所。男曰く「パワースポット」。

幼い頃から慣れ親しんだ場所でいまいち気分の乗らない女と、

なんとかムードを盛り上げつつプロポーズまでもっていこうとする男。

そこへ突然現れる、知り合いの猟師。

どうやら二人はイノシシの猟場に入ってしまったらしい。

猟師が見守る中、果たしてプロポーズは成功するのか!?否か!?正直どっちでもいい話!!

あなたの心に何も残さないばぶれるりぐるの幡多弁コント第二弾!!

​(上演時間15分)

【日程/会場】2019年5月5日(日祝)13:00開演Dブロック ABCホール 

【脚本】竹田モモコ 【演出】チャーハン・ラモーン 

【出演】山本禎顕、萬谷真之、竹田モモコ

​次世代応援企画break a leg参加作品

​第二回公演

​ほたえる人ら

新作信仰。
たまに聞く言葉です。
お客様は「新作」を待っている。劇団は「新作」を打ち続けなければいけない。
えらいこっちゃですよ。

旗揚げ公演の「ほたえる人ら」という作品は、周囲の反応が私の予想をはるかに越えていきました。お褒めの言葉をとてもいただきました。
脚本に、役者の力、演出の力、劇場の力、スタッフの力が加わり、自分のコントロールがきかない

ところへ作品がいってしまう不安と高揚感を感じました。

しかし終演後、私としてはこの芝居をもう一度違うアプローチで観たいと思いました。

そもそも『自分が観たい作品を作る』でうごいているユニットです。自分を喜ばすのが1番という

とても利己的なユニットです。

新作信仰。無視しました。
非常に楽しかったです!

どうか、今回で私の気がすみますように。

                         【当日パンフレット主催挨拶より抜粋】

【日程/会場】2019年6月14日(金)~16日(月) 全4ステージ

      AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

【脚本】竹田モモコ 【演出】チャーハン・ラモーン

【出演】泥谷将(Micro To Macro)、得田晃子、村角ダイチ(THE ROB CARLTON)

    下村和寿(劇団赤鬼)、三谷恭子(売込隊ビーム)竹田モモコ(ばぶれるりぐる)

​第三回公演

​へちむくかぞく

私はいわゆる父母兄弟といったまとまった家族がいません。

とても身軽な身の上なのですが、人生の手がかりのなさに途方にくれることも多いので、

親という強力なアンカーを持っている友人をうらやましく思います。

ザ・家族って感じのしがらみ、もめごと、愚痴などを聞いているとだいたい魅力的なことのように

聞こえます。

お母さんのウザい話!うらやましい!

しかし同時におそろしくもあります。

上京をあきらめて家業を継いだ子。ひとり親が心配で実家から離れられない子。

親の存在が人生を大きく左右するなんて!どんだけめんどくさいんだ!親!おそろしい!

先に死ぬくせに!とも思ってきました。

話を聞いてみると「自分からそうしてる」と言う。

大体が強制されたという意識はない。

なんだかそれもおそろしい。やさしい呪いのようだ。これはもう描くしかない。

この不思議な理屈の通らないコミニュティを。

私が演出していたらとても湿っぽくて粘着質なものになっていたでしょう。

チャーハンさんの手によって、ドライで諦念した田舎の葬式感がうまく出たのだと思います。

そうだ、忌中なんて非日常、テンション高いよな。

​どうぞ、初七日までを私たちと共に迎えてください。

                            【当日パンフレット主催挨拶より抜粋】

【あらすじ】

舞台は田舎の小さな港町の元スナック。数年前に店をたたみ今はもう夜の色香のかけらもなく、

家庭が侵食してきている。

長年ここを営んできた富澤家の母、三江が急逝して3日がたった。

その母がいなくなった今、元『スナックみつ江』とお互いにへち(そっぽ)をむいた家族三人が残された。

そこへ三江を訪ねてきた「理恵」。

理恵が語る「三江」は、家族の知る「三江」とはまるで違っていた

前代未聞のマイナー方言「幡多弁」を使用し、

家族という「がわ」だけが残された富澤家の初七日までを描く。

【日程/会場】2019年11月14日(木)~17日(日) 全5ステージ

      in→dependent theater1st

 

【脚本】竹田モモコ 【演出】チャーハン・ラモーン 

【出演】中道裕子、隈本晃俊(未来探偵社)澤村喜一郎(ニットキャップシアター)、

            泥谷将(Micro To Macro)、東千紗都(匿名劇壇)、竹田モモコ

 

舞台写真 ©️horikawa takashi

© 2023 by Classical Musician.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now